温泉カタログ1

ぐんま県は「関東一の温泉大国」です!その数は百八十ヶ所以上もあるんだ。宿泊できる温泉地だけでも、およそ百ヶ所をこえるんだよ。
その一部を紹介するね!

  • 草津温泉

    草津温泉

    (草津町)
    自噴湧出(ゆうしゅつ)量と、湯の酸性度ともに日本一。湯の花を採取する湯畑や、「湯もみ」「時間湯」など、名物が多いのも草津ならではです。

  • 伊香保温泉

    伊香保温泉

    (渋川市)
    「子宝の湯」としても知られる温泉は、独特の赤茶色。有名な石段街には、小間口と呼ばれる温泉の供給路がところどころにあり見学できます。

  • 水上温泉

    水上温泉

    (みなかみ町)
    上越国境の山々を背後に、歴史ある温泉街とその周辺の自然は素晴らしく、湯の街を流れる「水上峡」「諏訪峡」のライトアップも幻想的です。

  • 谷川温泉

    谷川温泉

    (みなかみ町)
    谷川岳の南面に広がる豊かな森の中にあり、渓流の音を聞きながら秘湯気分が味わえる温泉。泉質は刺激の少ない単純温泉で保養に最適です。

  • 四万温泉

    四万温泉

    (中之条町)
    上毛かるたで「世のちり洗う」と読まれている歴史ある湯治場。国民保養温泉地指定第1号で、草津・伊香保とともに上州三名湯と称されます。

  • 老神温泉

    老神温泉

    (沼田市)
    薗原ダム上流の片品川の両岸に旅館が並び、十二支の名が付いた各旅館の露天風呂巡りが楽しめます。尾瀬方面の宿泊地としても人気です。

  • 猿ケ京温泉

    猿ケ京温泉

    (みなかみ町)
    赤谷湖畔にあり豊富な湯量を誇る温泉。三国街道沿いで栄えた長島温泉が相俣ダムに沈んだ後、移転し再出発した歴史があります。

  • 磯部温泉

    磯部温泉

    (安中市)
    軽井沢が開かれる以前は避暑地としてにぎわい、多くの文人たちが訪れた温泉。炭酸を含有した湯は胃腸に効果があるといわれます。

  • 法師温泉

    法師温泉

    (みなかみ町)
    三国峠のふもとに位置する法師温泉は一軒宿で、弘法大師が発見したという伝説が名前の由来。木造洋風の珍しい造りの大浴場が人気です。

  • 川原湯温泉

    川原湯温泉

    (長野原町)
    草津温泉の「上がり湯」として長い歴史をもつ川原湯温泉は、八ツ場ダム完成後にダム湖に沈むため、現在新しい温泉街を造成中です。

  • 万座温泉

    万座温泉

    (嬬恋村)
    標高1,760mという日本でも屈指の高所にわく温泉で、乳白色の湯が特徴。スキー場に近く、四季を通して大勢の人が訪れます。

  • やぶ塚温泉

    やぶ塚温泉

    (太田市)
    新田義貞が戦で傷ついた兵士を湯治させたという伝説が残る温泉で、八王子丘陵のふもとに位置し、開湯は奈良時代と伝わる古湯です。

  • 宝川温泉

    宝川温泉

    (みなかみ町)
    藤原湖に流れ込む宝川のほとりにある一軒宿。露天風呂の大きさ(4カ所合せて450畳分)日本一として知られ、多くの観光客を集めています。

  • 尻焼温泉

    尻焼温泉

    (中之条町)
    古くから痔疾(じしつ)に効果があるといわれてきた温泉。源泉は河床からわき出ているため、川の中の露天風呂「川風呂」が作られています。

  • 花敷温泉

    花敷温泉

    (中之条町)
    狩の途中立ち寄った源頼朝がヤマザクラの美しさを愛でたという古湯。花敷の名はサクラが湯面に映ったさまに由来すると伝えられています。

  • 川中温泉

    川中温泉

    (東吾妻町)
    日本三大美人の湯の1つに数えられる温泉。泉質は石膏(せっこう)泉で、漂白作用があり、秘湯の一軒宿の雰囲気と併せて女性に人気です。

  • 沢渡温泉

    沢渡温泉

    (中之条町)
    草津に通じる暮坂越えの道沿いにある小さな温泉で、古くは草津の「上がり湯」の1つ。神経痛、高血圧、胃腸病に効能があるとされています。

  • 湯ノ小屋温泉

    湯ノ小屋温泉

    (みなかみ町)
    かつては「葉留日野の里」と呼ばれていました。洞元湖に注ぐ楢俣川の支流、湯ノ小屋川沿いに開けた奥利根の最奥に位置する温泉です。

  • 片品温泉

    片品温泉

    (片品村)
    尾瀬岩鞍スキー場やかたしな高原スキー場が近く、また学生のスポーツ合宿の利用度も高く、若い年代の人たちでにぎわう温泉地です。

  • 武尊温泉

    武尊温泉

    (川場村)
    山岳信仰の霊峰であり、日本百名山として有名な上州武尊山のふもとにわく温泉。無色透明の湯で、泉質は炭酸水素塩泉および硫酸塩泉。

  • 霧積温泉

    霧積温泉

    (安中市)
    明治期には避暑地として顕官や文人でにぎわいましたが、現在は秘境の雰囲気を漂わせた静かな温泉地として、愛好者が増えています。

  • 梨木温泉

    梨木温泉

    (桐生市)
    赤城山の南東麓(ろく)、深沢川沿いにある温泉。坂上田村麻呂による開湯伝説をもち、褐色の湯は創傷、やけど、皮膚炎などに効果があります。

  • 湯檜曽温泉

    湯檜曽温泉

    (みなかみ町)
    奥州の豪族、安部貞任・宗任の末裔(まつえい)が発見したという伝説をもち、山懐に抱かれた静かな温泉地は情緒漂い心からくつろげます。

  • うのせ温泉

    うのせ温泉

    (みなかみ町)
    水上温泉から利根川に沿って3kmほど上流にあるこじんまりとした静かな温泉地です。水上五峡のうち「紅葉峡」に近く、渓谷美が見事です。

[群馬県総務部広報課]群馬県前橋市大手町1丁目1番1号 電話:027-226-2315 FAX:027-243-3600