ぐんまを知る

  • ぐんまのプロフィール
  • ゆかりの人物
  • 自然・温泉
  • ぐんまの食
  • 文化・芸術
  • 歴史・文化財
  • スポーツ
  • 産業
  • 写真館

トップページ > 歴史・文化財 > 遺跡

  • 歴史・東国文化
  • 文化財・上野三碑
  • 遺跡
  • 世界遺産

遺跡

 みどり市にある史跡岩宿遺跡は、考古学に情熱を燃やした相澤忠洋さんが、日本で初めて旧石器を見つけた、ときめきの地。
 群馬には1万3千基を超える古墳が造られ、国宝や重要文化財に指定された埴輪の件数も日本一古墳時代の群馬が東日本で最も栄えていたことを示すシンボルです。
 浅間山や榛名山の火山灰に埋もれ、日本のポンペイとも呼ばれるムラや田畑の遺跡、古墳時代豪族の館の跡、天平の栄華を偲ばせる古代の寺院跡等々。
群馬には、私たちの歴史や文化を、基底で支え続けてきた力、<歴史力>をもった遺跡が、たくさん眠っています。
 埴輪を立て並べた古墳を見られる史跡公園や、最新の遺跡発掘成果による古代体験ができる埋蔵文化財調査センター、博物館・資料館も楽しいですよ。
 歴史力たっぷり、群馬の遺跡を見に来ませんか。

小二子古墳
 前橋市大室公園 小二子古墳

史跡観音山古墳
 高崎市 史跡観音山古墳



小二子古墳
 埋蔵文化財調査センター発掘情報館

史跡観音山古墳
 縄文耳飾りつくり(榛東村耳飾り館)

ぐんまちゃん情報

遺跡

埴輪がすごい!
日本で唯一の国宝埴輪は、太田で出土した武人埴輪(東京国立博物館が所蔵)。国宝・重要文化財に指定されている埴輪58件のうち、群馬県内出土のものは、22件もあって、日本一!