ぐんまを知る

  • ぐんまのプロフィール
  • ゆかりの人物
  • 自然・温泉
  • ぐんまの食
  • 文化・芸術
  • 歴史・文化財
  • スポーツ
  • 産業
  • 写真館

トップページ > 歴史・文化財 > 世界遺産

  • 歴史・東国文化
  • 文化財・上野三碑
  • 遺跡
  • 世界遺産

世界遺産

世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」
 生糸の大量生産を実現した「技術革新」と世界と日本の間の「技術交流」をテーマに次の4資産で構成されています。
どれも必見ですので、是非、群馬県へ見学に来てください!
富岡製糸場:明治政府が設立した日本初の本格的製糸工場です。木骨レンガ造りの置繭所や繰糸所など、主要な施設が創業当時のままほぼ完全に残されています。
田島弥平旧宅:通風を重視した蚕の飼育法「せいりょういく」を大成した田島弥平が建てた、屋根に換気設備を取り付けた近代養蚕農家建築の原型です。
高山社跡:高山長五郎が、通風と湿度管理を調和させた日本の近代養蚕方法の標準「せいおんいく」を確立し、その普及のために設立した養蚕機関です。
荒船風穴:自然の冷気を利用した日本最大規模の蚕種(カイコの卵)貯蔵施設です。これにより、年に複数回養蚕ができるようになりました。
 このほか、県では県内に数多く残る絹に関する建物や民俗芸能などを「ぐんま絹遺産」として登録し、保存活用しています。この中には、日本遺産「かかあ天下−ぐんまの絹物語−」の構成文化財に認定されたものもあります。

ぐんまちゃん情報

世界遺産を構成する4資産は見学もできるよ。ちゃんと解説案内もあるから歴史や絹の話がいろいろ聞けるよ♪
詳しくは、各資産のHPを見てね。

また、世界遺産やぐんま絹遺産などの観光スポットを簡単に検索するには群馬県公式アプリ「きぬめぐり」が便利だよ。右図のQRコードを読み込んで、ダンロードしてみてね。