ぐんまを知る

  • ぐんまのプロフィール
  • ぐんまゆかりの人物
  • 自然・温泉
  • ぐんまの食
  • 文化・芸術
  • 歴史・文化財
  • スポーツ
  • 産業
  • 写真館
  • ぐんまのコミュニティ

トップページぐんまレポート・とっておき情報 > 温泉特集 ぐんまの温泉

温泉特集 ぐんまの温泉

群馬県は温泉王国。なんと温泉数は180以上、宿泊できる温泉地だけでも100を超えます。また、9種類の泉質と種類が多いのも群馬の温泉の特徴なんです。
4大温泉といわれる全国的に有名な温泉から、1軒宿の秘湯、日帰り温泉までさまざまな楽しみ方ができます。
今回は、ぐんまちゃんが自噴湧出量日本一の草津温泉と、情緒あふれる石段の湯の町、伊香保温泉をご紹介します!

伊香保温泉はこちら

群馬を代表する名湯

草津温泉は兵庫の有馬温泉、岐阜の下呂温泉と並んで日本三大名泉と言われています。 高温で強酸性の温泉水が多量にわき出ており、なんと自噴湧出量日本一!1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しています。強い酸性が草津温泉の殺菌力の秘密です。

湯畑

今日は草津温泉観光大使のゆもみちゃんといっしょにご紹介します!ぐんまちゃんとゆもみちゃんはとっても仲良しなんです。

湯畑

草津温泉といってまず思い浮かぶのは湯畑。湯畑を中心に広がる温泉街はとっても情緒があるんだ。白い湯けむりと硫黄の香りがただよってるね!

湯もみにチャレンジ!

湯もみ

草津名物「湯もみ」を体験するため「熱の湯」にやってきました。
「熱の湯」は湯畑のすぐ目の前にあるんだ。

湯もみ

「湯もみ」ってなんだろう?
湯もみ娘のお姉さん達に話を聞いてみたよ。

「湯もみ」とは、熱いところでは95度もある熱い源泉の中に板を入れて湯をもみ、入浴できるように一定の温度に下げたり、入浴前の準備運動として行うものなんだって。
草津の源泉は熱いので、そのまま入浴できないけれど、温度を下げるのに水を入れたのでは温泉の効果が薄れてしまうので、この方法が考え出されたんだ。48度くらいまで下がったところで、集団で入浴する独特の入浴法を「時間湯」といって、明治時代に完成したんだって。

ぐんまちゃん

ここ「熱の湯」では草津名物「湯もみ」が草津節や草津ゆもみ唄とともにショーとして楽しめるんだ。それに湯もみ体験もできるんだよ。ぐんまちゃんもゆもみちゃんと一緒にやってみたよ!

湯もみ
湯もみ

湯もみ娘のお姉さんに教えてもらいながらがんばったけど難しいな。
やっぱりゆもみちゃんは上手だね!

記念写真

いかがでしたか?
群馬県にはこのほか開湯は永禄年間(1558~1570)と歴史のある水上温泉、「四万の病気を治す霊泉」から名付けられたといわれる四万温泉をはじめ、魅力あふれる温泉がたくさんあります。ぜひ群馬の温泉に遊びに来てくださいね。

群馬の観光情報:群馬県観光物産国際協会
URL:http://gtia.jp/

バックナンバーはこちら