ぐんまを知る

  • ぐんまのプロフィール
  • ゆかりの人物
  • 自然・温泉
  • ぐんまの食
  • 文化・芸術
  • 歴史・文化財
  • スポーツ
  • 産業
  • 写真館

トップページぐんまレポート・とっておき情報 > 作って食べて・ぐんまはおいしい

作って食べて・ぐんまはおいしい

群馬県では、女性ならではの視点を活かして群馬県のイメージアップを図る様々な施策を展開しています。
東京銀座で、首都圏在住の女性に、ぐんまの「食」を通じて群馬県の魅力を体感していただくイベントを開催しましたので、ぐんまちゃんがその様子をレポートします。

  群馬県広報課ぐんまイメージアップ推進室が主催する「GINZAでGUNMA女子会」に参加したよ。女子会ということで、ぐんまちゃんもドレスでおめかし♪

プログラムは「ぐんまの食 調理体験・試食」

ぐんまのおいしさ、作って、食べて、感じて…ということで、プログラムは「ぐんまの食 調理体験・試食」。 会場は東京・銀座「ぐんまちゃん家」に程近い、東京ガスStudio+G GINZA(スタジオプラスジーギンザ)。都内やその近くにお住まいまたはお勤めのインフルエンサー女子が集まってくれました。
講師は、桐生市からおふたり。「磯切りそばまつもとや」三代目店主、西須一雅さん(写真右)、「しみずや」三代目店主、清水利信さん(左)。

 

メニューは群馬の郷土料理「おっきりこみ」!

桐生はぐんまを代表する「めんの街」。
お店の人気メニューは、どちらも「おっきりこみ」!ぐんまちゃんも大好き、おっきりこみ。というわけで、今回の調理体験・試食のメニューは、ぐんま最強(?)の郷土料理、おっきりこみなのです。
おっきりこみは、幅広の麺と旬の野菜やキノコがたっぷり。おいしくて体にもやさしいんだって★
 

ぐんまは全国指折りの小麦の産地。
おっきりこみは昔から「ケ(ふだん)」の食事として親しまれてきたんだって。
みんな、ぐんまの「かかあ」になった気分で、めん作りから。よいっしょっと! うまくできたかな~?

さらに女子会スペシャルメニュー登場!

さらに今回は女子会スペシャル、「上州地鶏とやよいひめのブレゼ(蒸し煮)」
そして「下仁田ねぎのグラタン」という、ぐんまらしさを生かしたおしゃれなメニューも登場!

上州地鶏はぐんま産の「梅酢と桑の葉」で育った純国産地鶏、やよいひめはぐんまオリジナル品種の大粒いちご、下仁田ねぎは下仁田特産の白くて太い根深ねぎ、加熱で甘みと香り、とろける食感。
じつは「まつもとや」の西須さん、本場フランスでウデを磨いたフレンチの鉄人なんだって。
おっきりこみとフレンチの組み合わせ、ググっとおいしい国際交流、グルメのコラボレーションだねっ。

デザートは「りんごボール」。
東京・中目黒「パティスリーポタジエ」特製、ぐんま産りんごを使った「ぐんまちゃん家」限定ケーキ。
ぐんま尽くしのメニューでココロもおなかもまんぷく!

食事のあとは「ぐんまちゃん家」でショッピング!

食事のあとは「ぐんまちゃん家」でショッピング。
ぐんまの「食」とともに、物産品の魅力にも触れてもらったよ。

 

この女子会をきっかけに、ぐんまに興味をもってもらえたらうれしいな。